投稿者:

Amazonのタイムセール本日の見どころ(2015年12月9日版)

思いついた時だけ書くAmazonのタイムセール紹介コーナー,2015年12月9日版本日の見どころ!!
勢いで文章を書くトレーニングと小遣い稼ぎが目的です!!みんな買ってね(ちっこいゲス

パソコン関係

ノートパソコン

最低価格帯よりワンラックアップのタブレットとドッキングキーボードがセットになった製品,一番の特徴は本体にUSB 3.1(Type-C)のポートがついている.ということではないかと思います.
USB 3.1が本体側についていると外部に「高速なストレージなどをつなぎたい」「ネットワーク インターフェースをつけたい」という将来出てくるであろう要望を満たすことができそうです.また,CPUもAtom x5-Z8500で同価格帯の製品でよく使われるAtomより性能がよいこと,画面が10インチと多少大きく(あわせてキーボードの大きさにも余裕ができます)ストレージが64GBあることも特徴になると思います.

【Amazon.co.jp限定】Acer ノートパソコン ES1-131-A12N/R Windows 10/11.6インチ
日本エイサー (2015-10-23)
売り上げランキング: 379

とにかく安くノートパソコンが欲しい人はこれでしょう.メモリーが2GB,ストレージが32GBなのが不安ですが前者はなるべく複数アプリを同時に起動しない,後者は「SDカードを差しっぱなし」にしてデータをなるべくSDカードへ逃がせば対処可能です.またこちらもUSB 3.0の端子がついているのでバックアップやより高速な無線環境を用意したくなった時にとても助かると思います.3万円を切るノートパソコンでUSB 3.0がついているものはこの機種を置いてほぼないでしょう.

モバイルルーター(Pocket WiFi)

先日もタイムセールの紹介をしたMR04LNのクレードル付き,その時よりさらに安い17,800円で通常価格より5,000円ほど安くなりました.
「クレードルいらねー」という人もいるかと思いますが,クレードルがあると「持ち運びの時は省電力設定を有効にしたい」「でも自宅で使うときは電源が確実に確保できるので省電力設定いらねぇ」みたいなことが簡単にできます(NECのこういった製品は昔からクレードルに差すと省電力設定が無効になる).またクレードルから有線LANが使えるので,特に独身や単身赴任の方のような「自分の行動範囲で程よいインターネット環境があればいい」という人には非常に魅力的な商品だと思います.

とりあえず買っとけ!!

TITAN FAN STORM
TITAN FAN STORM

posted with amazlet at 15.12.08
マイクロソリューション Micro Solution Inc.

昔からこの商品は知っていて地味に欲しいです.自宅のルーターや無線LANのアクセスポイントなどを冷やす道具です.特に無線LANは熱をもって公称性能が維持できないものが時々ありますがこれを使うことで改善が期待できます.電源はUSB端子からとれるので,そういった機械についているUSB端子やスマホの充電器の流用ができそうです.

インナーケース

サンワサプライ IT小物入れ 縦型 15.6型ワイドPC対応IN-IT20BK
サンワサプライ (2014-07-01)
売り上げランキング: 494

ノートパソコンを収納できるインナーケースです.単独でも使えそうです.何気にこれが一番欲しい!!
深いリュックを使っているとノートパソコンやその他の小物などが全部底にたまって何気に上半分がただの空洞…なのに下半分はぎゅうぎゅう詰め…ということが頻繁に起こっています.これをどうにかしたいと思っているのですが中々いい対処法が見つからず…でした.

定価ベースから7割引き,通常価格から半額の値段になっています.誰か買ってください!!(笑

スマホ

HTCの比較的高機能な機種,4万円台でクアッドコア,FHD(1920×1080)解像度,カメラが表裏ともに1300万画素,もちろんLTE対応です.あと地味にうれしいのがGoogle Drive 100GBの容量で2年間無料の権利がついてきます.これだけで6000円弱(12USD×24か月)分の価値があります.その他OCNモバイルONEのSIMがついてくるので契約前提で考えている人にはSIMの発行手数料(税抜き3000円)が不要になることも魅力でしょう.

こちらは先ほどの機種の下位機種になります.CPU,画面解像度,カメラや無線LANの性能が落ちますが価格が2万6,000円台になるのは魅力だと思います.こちらも同様にうれしいのがGoogle Drive 100GBの容量で2年間無料の権利(24か月分で約6,000円分)とOCNモバイルONEのSIM(発行手数料3,000円)が付いてくるのも魅力ですね.

楽器

ギター

何気にGibson MemphisエレアコのES-335がぶっこまれています.
思い入れがある人には思い入れがあるギターではないでしょうか?通常26万5,371円が21万円と約5万円引きで限定一本です.

いかついギターですね!!7弦ギターですよ!!まだ使ったことがない未知の世界です!!
定価ベースだと半額以下!!売価ベースでも半額近いようです.限定一本いかがでしょう?ウウヴヴヴアアアアァァァ”ァ”!!!!!!

アンプ

エレキギター用アンプです.電池駆動もできるタイプ(ACアダプターも付属)で3Wで5インチのスピーカーが一発のようです.
何気にエフェクターやチューナーも入っていてAUX INもついているのでCDプレイヤー,iPhoneなどの音も突っ込んで練習などできます.

ざっとレビューを見ても音のよさ,実用性の高さがでていますね.欲しいなおい.

キーボード(電子ピアノ)

KORG 電子ピアノ SP-280-BK 88鍵 ブラック
KORG (2013-02-16)
売り上げランキング: 4,339

カジュアルに88鍵のキーボードがほしい人にはうってつけだと思います.何気に私もハタチ前後のころは独学でピアノをやっていました.もうダメですけど…苦笑

ランニンググッズ

スマホを腕につけられるアレですね.iPhone 6 Plus対応ということで比較的ごっついケースに入れた5インチレベルなら入りそうです(ごっついケースのiPhone 6 Plusは難しいと思いますが).あと地味に永久保証だそうです.いや永久保証ってどうなの…

とりあえずデザインは良さそうに感じましたがこういうやつのデカいのを腕にはめているのを見たことがないのが興味深いところです.

まとめ

なんか車のバッテリーがたくさん出てるんだけどなぜでしょう?さっぱりわかりません.

今回はここまで!それではばいばいぽー!!

広告
投稿者:

【タイムセール】クレードル付きMR04LNが18000円台

タイムセールにクレードル付きMR04LN(PA-MR04LN)が出てます.セールは21日24時前後(22日午前12時)くらいまでのようです.
クレードル(3000円前後が相場)付だと通常22000円台,セールでは通常20000円弱程度,目視上17000円台が最安値でしたがこちら18000円台とかなりお得な状況です.

MR04LNは高機能モバイルルーター

MR04LNはNECから販売されている,おそらく日本で一般の人が購入できる最も高機能なモバイルルーター(Pocket WiFiと呼ばれる場合もあります)です.
もっとも目につく特徴は「SIMフリー」ではないでしょうか?前世代になるMR03LNまでは公式にはSIMフリーをうたわれていませんでしたがMR04LNからは公式にSIMフリーがうたわれており,公式に海外での利用に関する情報も提供されています.

クレードルなしと比較すると底値視点ではちょっと差がありますがクレードル無しも通常の相場は2万円を超えるのでありだと思います.
Amazonのタイムセールはほとんどの場合OCNの格安SIMがついています(最近BIGLOBEのものもセールに出てきたようです).このSIMは契約しなければ追加でお金がかかることはありませんのでよしなに扱えばいいかと思います.

それでは今回はここまで!!ばいばいぽー!!

投票にご協力ください

投稿者:

海外で使うスマホやモバイルルーター(Pocket WiFi)はどうやって用意する?(購入時の選択肢編)

WS000364

はじめに

この記事はあるFacebookグループで「海外旅行をする際,Pocket WiFiはどこでどう用意したらいいか」みたいなトピックがあり,そこで書いたアドバイスをベースにしたものです.
あらかじめ書いておくと,ここでいうPocket WiFiはモバイルルーターを差します.また,文脈によってはスマホやタブレット(以後あわせて「スマホ的なもあるいは単に「スマホ」と表現します)のテザリング機能を有効にした場合を指すことがあります.また,LTEを基本的に4Gと表現しています.

端末の選定に関して

個人的には日本向けに販売されているSIMフリーのスマホやPocket WiFi,あるいは「キャリアで販売されていないスマホやPocket WiFi」を買うことをお勧めします.また,おおよその場合で本体価格によってできること(性能)が変わってきます.執筆時点では大雑把にはこんな感じじゃないかと思います.

○… スマホ
☆ … タブレット
□… Pocket WiFi

※メーカーや機種の選別に関しては100%主観で書いています.いずれの機種の購入も自己責任でお願いいたします.
※輸入販売のみ(メジャーなオンラインショップだとAmazon JapanやExpansysなどで購入可能)だったり,国内での利用が許可されていないものも含め,まとめて書いています
※docomo端末などSIMロック解除をすればSIMフリーになる端末はここでは省いています
※4G未対応の端末は「(3G)」と記入しています

上記を見て察する部分があるかもしれませんが,大体機器購入時はPocket WiFiであれば~2万円前後,スマホであれば4万円前後までで考えるといいと思います.
もちろん日本でもガッツリ使いたい,とかであればNexus 6,iPhone 6などを視野に入れてもいいと思います.

実はPocket WiFiはNEC Aterm MR03LNという機種があり,これを一番押したいところなのですが,どうやら現時点では海外で使えない可能性が高く(いわゆる国内限定SIMフリーの可能性)今回は候補から外しました(使用実績の報告もあるので,必ずしも使えないないわけではないようです).ちなみにそもそもこの製品は店舗ではSIMフリーと銘打たれていますが,メーカー自体はSIMフリーを謳ってないんですよね…

まとめ

いかがでしょうか?何を考えて検討すればいいのかわかった.っで,どれを選べばいい?という話もあって今回ざっくりとまとめてみました.機種ごとの細かいことを書こうと思いましたが挫折したので今回は無しです(苦笑

グダグダ書きましたが,個人的なお勧めは予算があればiPhone 6 16GBGoogle/LG Nexus 5 32GBASUSTek ZenFone5,とりあえず使えれば…であればfreetel priori2 (3G)Huawei E5377S32 (4G)あたりですね.

iPhoneはもっとも盗難のリスクがあるものの,対応周波数の充実,日本人はiPhone大好き,あと不要になって転売する時の価格が高くなることが期待できること,Nexus 5はGoogleから出ている鉄板端末で,圧倒的な安心感とコストパフォーマンス,ZoneFone 5も日本国内で販売されているSIMフリー機種の中で十分使える実力とコストパフォーマンス,freetel priori2は安価な端末の中でコストパフォーマンス,Huawei E5377S32は海外諸国で販売されているベテラン選手です.あとはここでは取り上げませんでしたが,テザリングをしないのであればdocomoのSIMロック解除ができる機種を狙う…などもありだとは思います.

それでは今回はここまで!!ばいばいぽー!!

関連商品

docomo Wi-Fi STATION L-01G
docomo Wi-Fi STATION L-01G

posted with amazlet at 15.12.27
LG Electronics Japan
売り上げランキング: 1,832

投票にご協力ください

投稿者:

海外で使うスマホやモバイルルーター(Pocket WiFi)はどうやって用意する?(購入の検討編)

WS000364

はじめに

この記事はあるFacebookグループで「海外旅行をする際,Pocket WiFiはどこでどう用意したらいいか」みたいなトピックがあり,そこで書いたアドバイスをベースにしたものです.
あらかじめ書いておくと,ここでいうPocket WiFiはモバイルルーターを差します.また,文脈によってはスマホやタブレット(以後あわせて「スマホ的なもあるいは単に「スマホ」と表現します)のテザリング機能を有効にした場合を指すことがあります.また,LTEを基本的に4Gと表現しています.

今回は実際に機器を購入する際に限定して何を考える必要があるのか書いてみたいと思います.

機器を購入する場合のパターン

端末の購入に関して大雑把には下記の5パターンかなと思います.
※通信手段に対しての支払いがプリペイド(前払い),ポストペイド(後払い),本体が新品,中古など細かいバリエーションは抜きにしています)

  1. 渡航先でPocket WiFiを買う
  2. 渡航先でSIMフリー,あるいはSIMロックの状況にかかわらずスマホを買う(テザリングができるもの…Pocket WiFi的に使えるもの)を買う
  3. 日本でSIMフリーのPocket WiFiをを買う
  4. 日本でSIMフリーのスマホを買う
  5. 日本でdocomo販売のスマホ,Pocket WiFiを買い,SIMロック解除をする
  6. Softbankやau端末でも非公式なSIMロック解除を試みる

パターン毎の補足

端末購入時の注意事項

日本でも使う場合

どの端末を選ぶにしろ日本でも使うなら4G対応は実質必須だと思います.多くの日本国外は3Gが十分の速さがあったり,4Gが使えるエリアが非常に狭いなどの場合が多く,結果的に必要度は日本ほどではありません.

ちなみに現時点でスマホやPocket WiFiなど,「電波を出すもの」は「技適」と呼ばれる検査を通ったもの以外を日本国内で使うのは原則「違法性がある」とされています(そうでない場合もあるようです).検挙された実績はゼロで形骸化している現状もあるのでそれをどう見るかはご自身の判断で(逆に各国内にも技適相当なものがあると思いますが

キャリア個別での注意点としてはKDDI系(au,minemoなど)のSIMを使いたい場合,うまく端末が動作しない場合があるようです.これはauが採用している規格に関連することになります.

SIMの購入時は英語の画面にしておく方がいい

日本からスマホを海外諸国に持ち込んでSIMを購入する場合,一時的にでも画面を英語に設定して置くことをお勧めいたします.理由としてSIMの購入をした場合など(コンビニでなければ)店員が設定をサポートしてくれる場合があります.それに関連して(自己責任ですが)セキュリティロックを緩くしておくとやり取りがスムーズになる場合があります.

対応周波数に注意

機器購入で一番技術寄りで難しい話になるのがここではないかと思います.
細かいことは利用する国ごとに異なるので一概に言えませんが,ざっくりいうと東南アジア系であれば日本で使える端末はほぼほぼ使えると思ってもかまわないと思います.
このトピックについて詳細が気になって仕方がない方は,それがかかれているサイトは沢山ありますので別途検索をしていただければと思います.

Pocket WiFiを購入する場合の注意事項

海外でプリペイドのSIMを購入して使う場合,キャリアによってはSMSが必要になる場合があります.
Pocket WiFiは機種によってSMSの送受信ができず,結果的に使えない場合があります.

docomo端末の場合の注意事項

  • docomoの2013年冬モデル以降はSIMロック解除をすると「日本国外限定」でテザリングができる機種が増えます.スマホにSIMを入れた場合,PCやタブレットなど「SIMを入れた端末以外」でインターネットをしたいかどうかでテザリングが必要かどうかがあらかじめ考える必要があります
  • 比較的最近の機種でない多くの4G対応端末は3Gでしかつながらないなどの制限がかかる場合があります
  • APNというインターネット接続するための設定がSIMフリーのスマホであれば自動でデータが用意されたり適切なものが設定されるばあいがありますが,docomo端末は原則的にデータの入力から自分で行う必要があります
    • 実際の設定はコンビニなどでなく携帯関連ショップなどであれば店舗スタッフがやってくれる場合があります.

SoftBank,au端末の注意事項

  • この非公式SIMロック解除はやったこともなくお勧めをする気もないので自己責任の範囲で調べてみてください.

Y!mobile(EMOBILE)端末の注意事項

Y!mobileでは機種によってSIMフリーだったりSIMフリーでない場合があります.
また,SIMフリーと書いていても完全なSIMフリーでない場合があるようなので,注意が必要です.

通話に関して

まずauのAndroid端末,あるいはキャリア販売されたiPhoneは基本的にSIMロックが解除できないので電話機能,3G/4G等によるデータ通信機能は使えず,インターネットはWiFi経由で使うしかありません.
別の言い方をすると,インターネット環境があれなIP電話やLINE,Facebook,Skypeなどを使った通話ができる可能性があります.

個人的には日本国内外ともにFacebookでの通話を使うことが多く,日本国内への電話は050 Plusを使うことがあります.

現地の電話番号が欲しい場合.結論から書くとガラケーを現地で買い,スマホと2台持ちにするのがベターな場合が多いでしょう.
理由としては下記の通り.

  • そもそもガラケーが安い(2~3000円あれば一定の通話量込みで本体を購入できる場合が多いです)
  • なるべくスマホを出さずに連絡を取り合う(特に東南アジアは使用中に盗まれるパターンが多く,スマホをなるべく出さずに済む状況を作る方がいいといわれています)

まとめ

いかがでしょうか?機器の入手方法もいろいろあるため,分かりにくいことも多いと思います.また「SIMフリー」という単語が独り歩きして「日本国内限定でいろんなSIMが使える」「いろんなSIMは使えるけど機能制限がある」などといったよくわからない状況も存在して話がさらにややこしくなっています.
上記が面倒なら手っ取り早いのはやはり「「キャリア以外から販売されている端末を購入する」ということになると思います.

それでは今回はこれにて!!ばいばいぽー!!

関連商品

docomo Wi-Fi STATION L-01G
docomo Wi-Fi STATION L-01G

posted with amazlet at 15.12.27
LG Electronics Japan
売り上げランキング: 1,832

投票にご協力ください

投稿者:

海外で使うスマホやモバイルルーター(Pocket WiFi)はどうやって用意する?(まず考えること編)

WS000364

はじめに

この記事はあるFacebookグループで「海外旅行をする際,Pocket WiFiはどこでどう用意したらいいか」みたいなトピックがあり,そこで書いたアドバイスをベースにしたものです.
あらかじめ書いておくと,ここでいうPocket WiFiはモバイルルーターを差します.また,文脈によってはスマホやタブレット(以後あわせて「スマホ的なもあるいは単に「スマホ」と表現します)のテザリング機能を有効にした場合を指すことがあります.また,LTEを基本的に4Gと表現しています.

今回はまず通話環境,ネット環境を用意するにあたって何を考えればいいか?という判断材料について簡単に書かせてもらいます.

検討材料

使いたい期間は?

一番大事なところですね.使いたい期間はふつう渡航期間全般だと思いますが,複数の国をまたぐ際は滞在期間ごとに分けて考える必要が出てくる場合があります.

どういう目的で使う?どれ位ヘビーに使う?

次にどれ位ヘビーに使うか.
日本のメールが見られればいい.出先でレストランを探せればいい.Facebookなどに画像を挙げたい.LINEやIP電話などで話をしたい…
場合によっては現地の電話番号が欲しい…などあるかもしれません.その場合はPocket WiFiだと難しくなるでしょう.

予算はどれくらい?

予算の総額については目的や期間,準備方法で変わっています.
機器をレンタルすると1000円前後位から,キャリアのローミングは2000円前後/日位からを判断材料にできると思います.しかしこれらは一日あたりに使えるデータ量が非常に低かったり通信速度が遅かったりする場合があります.

個人的な感覚ではコスト基準でいうと,7日前後がひとつの目安と感じています.それ以内であれば機器レンタルやキャリアのローミングサービスを使う.それ以上の期間であれば現地で機器を調達する方が安く済む場合が多い気がします.

SIMを買う?端末を買うか借りる?

実際の機器をどういう風に用意するか?どういうものを使いたいか?ということを考える必要があります.
日本で使っているスマホやPocket WiFiをそのまま使いたい(キャリアのローミングを使う,SIMロック解除して現地のSIMを使うなど…),現地調達で構わない…などといったところです.

場合によっては同じ機種でもレンタルで済ませた方がいい場合,購入した方がいい場合が異なるかもしれません.
また,値段だけでなくレンタルは既に必要な設定が住んでいる場合が多いです.受け渡しに関しては成田空港,羽田空港など大き目の空港であれば空港で受け渡し可能な場合がありますがそうでなければあらかじめ郵送してもらうなど煩雑になる場合があります.

SIMカードの購入は何等か自分で設定が必要な場合が多く,端末ごとの購入であれば電源を入れればすぐ使える場合が多いでしょう.購入作業自体も機内で買える場合があったり,空港で購入できる場合も多いでしょう.また,急ぎでなければ現地で空き時間に買いに行く…など余裕を持って準備ができる場合があります.

まとめ

いかがでしょうか?準備の判断は状況の違いや主観が多分にはいるため,一概に言えませんが「そもそも何をどう考えればいいかわからない」という話をよく聞きます.そういった場合は上記が多少参考になるかもしれません.
次回は端末の購入に絞って書いてみようかと思います.

それでは今回はこれにて!!ばいばいぽー!!

投票にご協力ください